夜勤専従看護師求人情報|高給、好条件、夜勤看護師求人

夜勤専従看護師求人情報|高給、好条件、夜勤看護師求人

夜勤専従看護師

看護師の仕事は日勤と夜勤を交代に行われることがほとんどですよね!

 

しかし日勤のみで働く看護師さん、夜勤が出来ない看護師さんもいらっしゃいます。これでは夜勤の看護師さんが不足することで病院は困りますよね!

 

そこで夜勤だけの仕事をする看護師さん、夜勤専従看護師さんが活躍します。

 

夜勤だけ働く事を希望する看護師さんも最近では増えてきています、これは夜勤で働く看護師さんは稼ぐことが出来る事が大きいからですね!

 

夜勤専従看護師さんの給料は、日勤看護師さんの給料を大きく上回ります。日給30000円〜40000円の夜勤専従看護師募集も多く見受けられます。

 

夜勤、夜勤専従で働く事を希望される看護師さん、夜勤専従看護師求人募集の紹介が豊富で高待遇、好条件求人紹介実績がある看護師求人サイトで探しませんか?

 

少しでも良い条件で働く為には、良い求人を探す必要がありますよね!

 

当サイトでは夜勤専従看護師求人紹介に実績がある看護師求人サイトを厳選して紹介しています。あなたの希望に合う求人探しにお役立て下さい。

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト

マイナビ看護師

 

求人情報サイトを多く運営しているマイナビグループの看護師求人サイト「マイナビ看護師
利用者も満足度では、業界トップクラスでマイナビ看護師の求人紹介で満足した就職、転職をされた方も多いですよ!

 

夜勤専従看護師求人紹介数も多く、全国ほとんどの地域をカバー出来る事も嬉しいですよね!もちろん、高待遇、好条件看護師求人紹介でも実績が有ります。

 

 

 


ナースフル

 

リクルートグループが運営する国内最大級の看護師求人サイトのナースフル
知名度、認知度があり、利用者数も多く紹介出来る求人数ではトップクラスの豊富さです。

 

もちろん、夜勤看護師、夜勤専従看護師求人も豊富でいろいろな職場、職種から探す事が可能ですよ!
病院はもちろん、医療施設の夜勤看護師求人ならリクルートグループの情報が利用出来るナースフルがおすすめです。

 

 


 

 

看護師求人紹介では老舗の求人サイトがナース人材バンク
看護師求人紹介、医療求人では実績、経験が多く頼りになる看護師求人サイトです。

 

夜勤専従看護師求人紹介も好条件、高待遇求人が多く、紹介出来る求人も豊富ですよ!
また専任コンサルトさんも医療業界に精通している方が多く、求人票ではわからない職場の雰囲気や働きやすさなど情報が豊富です。
あなたの希望に合う求人が見るかるまで根気よく紹介して頂ける看護師求人紹介サイトがナース人材バンクです。

夜勤専従看護師の就業規則

労働基準法では1日の労働時間が8時間以内と設定されています。つまり1日8時間以上の労働を強制する事は出来ませんが、多くの中小企業や病院、医療機関では守られていない事が多いのではないでしょうか?

 

労働者の権利でもある「労働基準法」ですが残業の強要などは日常茶飯事で行われています。

 

 

※看護師は変形労働時間制
しかし看護師の場合は変形労働時間制と言うものが適応されていて労働時間が、1日8時間を超過した場合でも一定歯に内であれば労働基準法の違反になる事は有りません。
変形労働時間制とは1日12時間働き、4時間超過した場合、翌日、次の日の労働時間を8時間から4時間を引いた4時間労働にして平均で8時間以下にすれば問題なしと言う事です。
ほとんどの病院や医療施設では1週間単位で調整していますが、施設によっては1ヶ月単位での調整もあります、この場合ですと勤務時間が切迫する事も考えられますので就業規則の確認が必要になる場合もあります。

 

※夜勤専従看護師の労働規則
では、本題の夜勤専従看護師の労働規則ですが、労働時間は最大で144時間です。
144時間が上限になります。
夜勤専従看護師の労働時間は、労働基準法で定められている訳では有りませんが、厚労省診療報酬の入院基本料算定要件で定めがある夜勤専従看護師に関する勤務時間の制限と言うものがあり、これで144時間と定められています。

 

良く1ヶ月に9回しか夜勤に入る事が出来ないと言われますが、これは16時間の夜勤の場合・144時間÷16時間=9時間なる為、1ヶ月に9回しか夜勤に入る事が出来なくなるのです。

 

しかし夜勤専従看護師の夜勤の給料は1日、30000円〜40000円が相場です。夜勤だけでも30万円くらいは稼げる事になります。

夜勤専従看護師で働くには常勤、非常勤

夜勤専従看護師の仕事、求人は以前は、非常勤が大半でしたが、最近は需要も多く夜勤専従者不足などもあり、常勤での採用も多くなっています。
夜勤看護師バイトをしている看護師さんもいらっしゃいますが条件的に考えれば常勤で働く夜勤専従看護師の方が有利だと思います。上記でも紹介しましたが夜勤専従看護師として働く場合、1回の勤務が16時間でしたら1ヶ月に9回の勤務で済みます。

 

夜勤専従看護師として常勤で働いたとしても勤務時間が極端に長くなる事もなく、保障や福利厚生が頂けるのでしたら常勤での採用を目指すべきではないでしょうか?

 

夜勤専従看護師の常勤募集も最近増えてきています。この機会に夜勤で働く事を希望されているのでしたら上記の看護師求人サイトのコンサルトさん、スタッフさんに相談して常勤での夜勤専従看護師求人の紹介、応募をしてください。

自分の時間が欲しい看護師さんの働き方 【夜勤専従ナース】

夜勤専従,看護師,ナース,求人,情報,高給料,高収入

「ナースはどうしてこんなに忙しいの?」「もっと自由になりたい!」ナースとして働いていると、必ず一度はこんな悩みを持つものです。ナースは休みが多いと思われていることも多々あるのですが、実際は平日に休むことがあるということと、夜勤明けが休みになるということだけで、決して休みが多いというわけではありません。
私もこんな悩みにぶち当たってしまったナースの一人でした。仕事のたびにクタクタになり、休みの日にも次の仕事のための充電として寝ていることが多い自分に嫌気がさし、何のために生きているんだろうかと思うこともしばしばありました。そんなときに「夜勤専従」として働いてみないか?という、知人の勧めがあり、私は迷うことなく夜勤専従ナースとしての仕事を選んだのです。夜勤専従ナースってなんだろう?と思われている方もあると思いますので、夜勤専従ナースとしてのメリット、デメリットを少しお話させていただきたいと思います。

 

夜勤専従ナースとは夜勤のみを専門にこなすナースのことです。日本ではまだあまり馴染みがない勤務形態ですが、海外、特にアメリカでは夜勤のみの、日勤のみでの勤務というのはごく当たり前で、日本のように日勤夜勤をローテーションするところはほとんどありません。夜勤専従ナースとしての利点としては、夜勤のみという勤務時間に体が馴染み、疲労感が少ないということです。常に勤務時間が同じなので「時差ボケ」のような体の倦怠感を感じることがとても少なくなります。その他の利点として、勤務日数が少ないということです。既定の夜勤日数以外はお休みとなるため、自由な時間が多く取れます。また、夜勤ですので、業務内容は日勤と比べると簡素なことが多く、また夜勤手当のため、勤務日数が少なくても、常勤の方と同じくらいの月収が見込めます。

 

しかし、デメリットももちろんあります。夜勤専従ナースはパート雇用扱いが多く、雇用保険が受けれない、ボーナスがない、などのデメリットも発生します。また、納税は各自で行う必要がある場合もあり、その手間もデメリットの一つとなるでしょう。

 

これらのことを踏まえたうえで、夜勤専従ナースという仕事が自分に適しているかどうかを見極める必要はあると思います。私は、自分の自由な時間を増やしたいという思いが一番強かったため、夜勤専従という道を選びました。私の場合、月に8回勤務をするという形でしたが、収入は正勤務の時とほとんど変わりがありませんでした。ですので、泊りがけの旅行に出かけたり、海外旅行にも年に数回出かけたりと充実した生活を送ることができます。夜勤専従という選択により私の人生は大きく変わり、充実しています。みなさんも今の勤務状況に疲れ果てていませんか?夜勤専従という仕事も、ナースとしての仕事の一つの選択肢だということをご紹介いたしました。


夜勤専従看護師の仕事とは

夜勤専従,看護師,ナース,求人,情報,高給料,高収入

夜勤専従看護師の仕事内容について説明します。
仕事の最初は業務の引継ぎから始まります。患者の状況についての説明を日勤の人から受け、注意が必要な患者の情報を頭にインプットしてから仕事を開始します。

 

夜勤の仕事の基本は患者に異常がないかを確認する巡回と早朝に行う健診の準備が主なものになります。簡単なようにも見えますが、巡回の際には単に見て回るだけでなく、患者のバイタルチェックや他覚症状の確認、点滴の交換、バルーンの処置などを行う必要があります。

 

また寝たきりの患者に対しては定期的に体位変換をすることが必要です。
夜勤は人数が少ないため多くの患者を担当することになるため、これらの業務だけでもかなりの体力が必要になるのです。

 

医療の現場では急変がおこり自分の対応が患者の命にかかわることも多い職場です。そのような責任からくる精神的な疲れも感じやすい仕事です。

 

夜勤の仕事でもっとも困るのは認知症の患者です。認知症の患者は夜間になるとせんもう状態や不穏状態になることが多いのです。そのような患者は歩行状態が悪いケースも多く、転倒がないように見守らなければなりません。

 

また一人の患者に集中することで他の患者に事故が起こることがあってはならず、そちらへの配慮も同時に行う必要があるため認知症患者がいる場合の夜勤は正直言って非常に恐怖を感じてしまいます。看護師は女性が多いですが、夜勤の場合には男性の看護師がいると非常に安心することができるというのが感想です。


夜勤専従看護師のメリット、デメリット

一般的に看護師の夜勤はきついと思われがちですが、夜勤専従の看護師も一定数います。ここでは、夜勤専従の看護師の仕事内容とメリット・デメリットについてまとめました。

 

 

一日の仕事は、まず申し送りと、日勤の看護師からの引継ぎから始まります。ここで、病棟での出来事や予定、その日の患者さんの情報を知ります。患者さんの容態は常に変化するため、きっちりと把握しておく必要があります。その後同じ夜勤の看護師と交代で一人が病棟を回り、一人がナースセンターに残ります。見回っている間にもナースコールには対応しなくてはいけないので、分かれて行動をします。数時間おきに見回りをし、朝を迎えます。患者さんの容態は夜間に急変しやすいので、常に緊張感を持っています。ナースセンターにいる間はカルテの作成など、手が開くことはありません。その後日勤の看護師に夜間の出来事を伝え、引継ぎをし、勤務を終えます。

 

 

夜勤専従看護師のメリットは、やはり、給料がいいことです。大変な部分も多いですが、その分日勤よりは給料がいいです。また、体調を崩す一番の理由は生活リズムが崩れることで、日勤と夜勤が混在することが原因です。なので、夜勤で固定されてしまえば、リズムはある程度取れるようになります。慣れるまでは大変ですが、慣れてしまえば混在シフトよりは働きやすいと感じます。

 

 

デメリットはやはり日勤と比べると体力勝負だということです。高齢になってくると辛いものがあります。患者さんの容態は夜間に急変することが多いことに加え、夜間は看護師の数も少ないので、自ずと一人が受け持つ仕事の分量も増えます。常に緊張感を持って仕事をすることは看護師全体にいえることですが、夜間はさらに緊張感を持って仕事をすることが求められます。

夜勤専従看護師として働いて思った事

 

夜勤手当がつきます。

 

専従ですので、生活リズムがくずれにくいと思います。

 

二交替、三交替ですと、やはり生活くずれがしやすいと自身にとっては思います。

 

日中であれば、慌ただしい時間をイメージとします。

 

夜であれば、日中程の慌ただしさもなく、おちついて仕事ができます。

 

子供がいる家庭でも、夫と分担して育児ができると思います。

 

朝早く起きるのが苦手な方であれば、夜勤の方が楽ちんかもしれません。

 

夜、朝得意・不得意があると思います。

 

外来のお客様と接する量が日中と比較すると減少となるでしょう。

 

一人一人に丁寧な対応ができるでしょう。

 

きちんとした対応ができますので、トラブルもおきにくいと思います。

 

スタッフの連携もうまくいき、漏れなどもおきにくいと思います。

 

自己の患者様の負担も少なく、疲れも日中より軽いように思います。

 

自身の仕事に集中して行うことができると思います。

 

日勤であれば、来院の患者さん、入院患者さんといろいろな形態の患者様の対応を強いられるでしょう。

 

時間の流れがゆるやかであり、スタッフ間の時間のゆとりもうまれ、ぎすぎすとした雰囲気はないと思います。

 

スタッフ間の思いやる気持ちも、時間に余裕があるので、助け合い精神も実施されております。

 

やはり、時間に余裕がないとそういう思いやり精神は失いがちだと思います。

 

自己の負担も多く、疲れもなかなか解消されにくいと思います。

 

時間に余裕がないと、事故や失敗も多くなると思います。

 

八つ当たりや、いらだちを増加とさせることもあるでしょう。

 

そういう要素がないというのが一番のメリットではないでしょうか?

 

夜勤専従看護師さんの経験談、体験談

 

家計が苦しくなったので、看護師の免許は持っていましたし日勤でも良いですが子供が小さいですし学校行事に参加する機会も多く、昼間より夜働いたほうが稼ぎも良いし、夜勤専従看護師で働きたいな〜と思っていました。お給料も日勤よりかなり高額になりますし、体が慣れてくると夜勤専従勤務も慣れてくるのでなかなか良いですね。以前は日勤で勤務していましたが、夜勤専従勤務と比べるとお給料がだいぶ差がありますね。自分でも驚くほどお給料を得ることができるので何かと助かっています。学校から帰ってきてしばらく経つと子供達は塾へ行って帰ってきた後は自分たちで用意をして寝るので私がいなくても自分たちできっちりとできるので安心です。夜勤専従なので子供が学校から帰宅する時間にはいますし、何かあったら職場へ電話があるので安心です。帰宅時間は朝方なので子供達がちょうど起きる少し前に帰宅できるので朝ごはんを作ってあげれますし、その辺はしっかりと準備できるのでなかなか良いですね。子供が安心して過ごせる環境を提供できるので何かと夜勤専従看護師は気に入っています。最初は体が慣れるか心配な部分もありましたが1週間勤務すると次第に体も慣れてきますし、お給料が日勤に比べるとかなり良いので気に入ってます。上手に働くことができ、家計も潤ってきたので嬉しいですね。仕事面は責任ある業務なのでスキルアップもできますし、自分なりに好きで働いていますよ!


夜勤専従看護師求人 対象地域

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/静岡県/山梨県/新潟県/富山県/石川県/福井県/長野県/岐阜県/愛知県/三重県/奈良県/和歌山県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/

更新履歴